音楽学校 受験コース

60分/90分レッスン

音楽を専門的に学びたい方は音楽学校(音中、音高、音大)への進学をお薦めします。

進学すると、ソロはもちろん、2台ピアノ、伴奏などを学ぶ他、ピアノ・リテラチュア、室内楽など様々な演奏形態を勉強するため、その基盤作りを当教室でご指導させていただきます。

実力と受験までの準備期間を考慮し、志望校選定いたします。

キャンパスや雰囲気を肌で感じるため、学校主催の受験者向け講習会に参加もオススメです。


受験科目は各学校によって違いますが、東京藝術大学などの国立の場合、大学入試共通テストの他、実技、楽典、聴音、視唱、小論文の対策が必要となります。

 



志望校の教員にセカンドオピニオンをいただくことも可能です。ご相談ください。


進学先  武蔵野音楽大学
                    国立音楽大学附属高等学校

     武蔵野音楽大学附属高等学校

     国立音楽大学附属中学校

留学コース

海外音大(特に米国)の入学をお考えの方の留学サポートを致します。

各音楽大学の課題曲が異なるため、複数校受験するのは大変です。用意周到な準備が必要。
英語(TOEFL)の点数が悪いと授業参加が認められなかったり、授業についていけず単位が取得できないことになりますので、英語力をしっかり身に着けておきましょう。

アメリカにはダブルディグリープログラムというのがあります。私の通ったニューイングランド音楽院にも、ハーバード大学、タフツ大学にも通いながら、音楽院の卒業資格がもらえるプログラムがありました。